かもとつの日記

ゲームとかアニメとかの話

アイドルマスターミリオンライブ!の話

10月頭からミリシタを初めてからというもの、すっかりミリマス一色となってしまったかもとつです。

 

アイドルマスターといえばの765の方はまったくやってなかったけれども、デレマスの方にもどっぷりの前例があるので、ミリオンのほうにもどっぷりになってしまうのはまあ完全に必然だと思う。うん。仕方ないんです。

 

というかミリシタね、すごいよミリシタ。何が凄いってキャラクターが常に3Dモデルで動き回っているので、まーかわいい。モーションの使い回しはあれど、アイドル毎に動きが変わってくるようにすら見えてくるのはやはりキャラクターが立っている証拠なんでしょうね。しかも全体曲は設定したユニットごとにしっかりと歌声の方も変わるというのはこれ革新的じゃないですか?自分だけの最強アイドルユニットを作ろう!が心から楽しめるじゃないですか。

あとこれは765のゲームのほうをやってなかったからかなり新鮮なんですけど、アイドルからメールが来て、返信してっていうやつ、最高じゃないですかね。凄い楽しい。

ギャルゲーというとまた違いますけど、ギャルゲーみたいなものをやるのもかなり久々なので、バッドコミュニケーションでも楽しい。

 

f:id:kamototsu:20171016231609p:plain

白石紬ちゃんに惚れて初めたミリシタ。ミリマスのことは全然しらなかったので、白石紬がミリシタからの新キャラというのも知らなかった。

 

あと5日前からグリマスの方も始めまして、グリマスではプロデューサーレベル100まではスパークドリンク(デレマスでいうスタドリ)が使い放題とのことで、イベントも無事完走したところです。

f:id:kamototsu:20171017000008p:plain

f:id:kamototsu:20171017000015p:plain

 

 

とまあ何するにしてもミリマス優先となっていたところで、デレマスの方が飽きっぽい自分でも長く続いている数少ないコンテンツのひとつなので、ミリマスもこれは”それ”だなと思いましたので、色々覚えてったり、自分の中でトレンドが生まれたりしたら書いていくことにしました。

 

 

とりあえず僕をミリシタをきっかけにミリマスに連れてきてくれた白石紬ちゃんの話をしようかと思いましたが、それはまた今度やるとして、なんとなく全体的なふわっとした話をしようかなと思います。

 

 

  • 「今更」がどうしても大きい

アイドルマスターといえば、今年で13年目に突入してなお、ものすごい勢いで新しいものが生まれ続けている他に類を見ないタイプのコンテンツなので、当然長く作品を応援し続けているファンもいるし、日々新しいプロデューサーが生まれているんだろうと思いますが、同時に「今更入っていけない」ってなることが多い作品でもあると思うんですよね。こういった作品では、アニメが始まったり、新しくゲームが出たり、新しいプロジェクトが始まったりしたタイミングを逃すと、どうしても新規には入りづらくなるじゃないですか。その点今では「SideM」のアニメが始まったり、2015年には「シンデレラガールズ」のアニメをやったり、「デレステ」が始まったりして、かなりPが増えたんだろうと思います。自分もそのタイミングでデレマスに入っていけましたからね。

「ミリオンライブ!」はまだアニメ化されていないし、「ミリシタ」が始まりはしましたが、正直な話デレステに話題を持っていかれることが多く、また「ミリオンライブ!」自体が765の話なので、765をよく知らないデレマスからのPとかはなかなか入っていき辛いところがあるんじゃないかなあと思っています。

これは僕もそうだったからですけど、765をよくしらず、さらにそこにミリマスメンバーを加えるとなると、ただ何も知らない作品に入っていくよりもハードルが高くなるんでうすよね。

昨今では「手軽」に楽しめるコンテンツや、「話題になりやすい」作品が一気にバズったりする傾向が強いので、長い歴史をもつアイドルマスターでは、(更に765のものであれば、より)手軽さというのは失われてしまうので、どうしても避けられがちなんですよね。

それでも年々新しいことが始まり続けているのは、本当にファンに愛されているのと、以上のことがあってもなお、新規のファンが生まれ続ける魅力があるからなのは間違いありません。

 

とまあなんだか無駄に書き連ねましたが、要は僕もミリマスのほうにはハードルがあってなかなか始めることをしなかったけど、やってみたらやっぱり最高だよ間違いないよってことを言いたいだけなんですけどね。

なんならいい機会だし、765のゲームの方もやろうと思ってますよ。

とりあえず一番新しいプラチナスターズは近い内に買おうと思ってますし、12月発売のステラステージも限定版予約しちゃおうかなくらいですよ。

むしろ自分のように、待つことが苦手な消費オタクには、アイドルマスターのように、絶えずコンテンツが供給されていたり、その歴史を遡ることができるような作品の方が、一気にあれこれ出来て、「待ってる間に忘れる」ことが起こらないので、相性が良いまであるんですよね。むしろハマる土台があるなら「今更」などと言ってる暇があったらさっさと沼に浸かってから考えろってことなんですね。

これを「面白さが更新されるなら常に今が最高だし今から始めるのが最高でしょ理論」と言います。今考えました。(今が最高とかいってたらちょっと泣きたくなってきた)

 

 

 

っていうかここ二週間ほど、過去のライブだラジオだなんだをひたすら掘り下げていたんですけど、ミリマスの面白いところのひとつである、「先輩・後輩」っていうのは、他ではぜったいに楽しめないところですよね。アニメやらゲームやらで業界の先輩後輩があるのは当たり前の事ですけど、単純な「仕事として」の先輩後輩だけではなく、アイドルマスターというコンテンツにおけるすべての先輩・後輩なんですよね。

ミリマスメンバーと765メンバーがライブやらイベントで絡むたびに、先輩と絡んでどうのこうのっていう話を聴くと、全然詳しいことは知らない自分でもそのリスペクトを感じるというか、考えずともわかるし、本当に「仲間」なんだろうと感じるので、そういうところもものすごく好きです。

 

 

 

とまあいろいろと書きたいことはたくさんあるのですが、それはまた諸々を書く時に書いていければ良いかなーって。

っていうかアイマスの話はしたけどミリオンの話の成分は少ない気がする。まあいいか。

近い内に白石紬ちゃんとか気になる子のことについて書きたいと思います。

それでは。