かもとつの日記

ゲームとかアニメとかの話

水瀬いのり4thシングル「アイマイモコ」の話

水瀬いのりの曲の話をしたいなーと思ってから、1stシングルの「夢のつぼみ」で始めるか、1stアルバムの「Innocent flower」から始めるか迷いましたが、4thシングルの「アイマイモコ」が最新シングルなのは今だけなので、とりあえず「アイマイモコ」から書いていくことにしました。

 

まあそんなどうでもいいことはさておき、アイマイモコ、聴いてますか?

f:id:kamototsu:20170831231107j:plain

聴いてないやつは今すぐ「アイマイモコ」でググればミュージックビデオがヒットするからそれでもいいので聴いてほしい。

 

 

4thシングル「アイマイモコ」は水瀬いのり2度目のTVアニメタイアップ曲である「アイマイモコ」を筆頭に、「リトルシューゲイザー」「夏夢」の3曲が収録されている。

アイマイモコ」はTVアニメ「徒然チルドレン」のOPテーマであり、「徒然チルドレン」の学園ラブコメというジャンルそのままに、好きと言う気持ちを自覚しながらも一歩踏み出せない少年少女の気持ちや関係を、不明瞭な、ぼんやりしているさま、という意味を持つ四字熟語である曖昧模糊にかけて作られた曲になっています。

 

 

とまあ何だか説明くさいのは置いておいて、「アイマイモコ」は水瀬いのりのラジオ番組である「水瀬いのり MELODY FLAG」でフルバージョンが公開されてそこで初めて聴いて、アニメでOPテーマとして流れたときにはかなり驚きましたよ。

アニメのほうを見ていない人はわからないでしょうが、OPテーマの時間は限られているのでまあカットしてってのはよくあることですが、まず最初のイントロカットはまあいいとして、初っ端の

 

どっちつかずの毎日 退屈なんてないけど

胸の痛み 苦しくて 泣きたい時もある

 

がズバッとカットされて「些細な出来事さえも~」から入るのにびっくりして、さらにサビの

 

君と Fly 空見上げたら

この気持ちだっていえるかな

ひとつひとつ 言葉にしよう

笑って聞いてくれたなら

 

もズバッとカットして「君と あぁ~」から入って、サビの終わりも「大事にしなくちゃ~」からの即フェードアウトですよ

 

まあ正直これに関しては別に怒っているわけではなくて、そもそも「徒然チルドレン」は十五分枠のアニメだし、OPを一分にまとめるとなったらまあいいところに落としたのかなと思っているわけです。

 

 

でもね、「アイマイモコ」で僕が一番好きなところはサビの

 

笑って聞いてくれたなら 

 

の「れたなら」の部分のダンダンダンダン からの、き→み↑と↓ あぁ~↑↑↑

なわけですよ。

 

れ!た!な!ら! からの きみ↑と↓ あぁ~↑↑↑↑

 

ですよ。大事なことなので。

 

 

というかね、まあそこは仕方ない。むしろ水瀬いのりの歌の上手さを伝えるには十分すぎるしタイアップで水瀬いのりに新たな曲を授けてくれてありがとうございますって話になるので感謝しかない。

 

むしろこのサビカットによって、おっ水瀬いのりの歌いいじゃんって思ったオタクが「アイマイモコ」をフルで聞いて、「君と Fly」の部分の疾走感に不意打ちをくらって、「君と あぁ」のところでこれだよ!!ってなって、ラスサビのやさしいやさしい「君と Fly」で成仏するってことを考えればよくやったといえますね。

 

 

ところでこの「アイマイモコ」は水瀬いのりの歌の中では当然一番新しいものなわけで、常に成長が感じられる水瀬いのりソングのなかでも最も水瀬いのりの声優としてのパワーを感じさせる一曲だなと個人的には思っています。

 

水瀬いのり自身(どこだったかは忘れたけど)、インタビューで歌を歌うときに気持ちを乗せる。曲の役を演じる。という所を凄く大事にしているっていう話があったのですが、まさに今までの曲の中でもこれを大事にしている一曲だなあと思うわけです。

 

まあ普通に考えたら曲に気持ちを乗せるってのは当然の事だろ!って思う人もいるかもわかりませんが、気持ちと歌の上手さ(というかそう感じさせる歌い方)のバランスが絶妙だななんて思うわけです。

歌が上手いだけなら割とありふれていることだと思いますし、気持ちを乗せるだけならいくらでも乗せられるわけですが、これらを両立して、かつ「聴かせてくる」ってところは水瀬いのりの歌が魅力的である要因のひとつなんじゃないかなーと。

 

これは「アイマイモコ」に限った話ではないですし、むしろここで最初の曲である「夢のつぼみ」と比べてみたりして、結構変わってるなーと思うことはよくあります。

 

うん、めちゃくちゃ好きですよアイマイモコ。そもそも好きな曲しかありませんが。

 

 

ところで水瀬いのりの曲といえば、「アニメのOP・EDっぽい曲」が多いという認識を僕は持っていて、そこがめちゃくちゃ好きなところでもあるのですが、4thシングルである「アイマイモコ」に収録されている他2曲の「リトルシューゲイザー」や「夏夢」も例外ではないなーと。

 

 

まあこれは聴いてくれればわかってくれると思うのですが、「リトルシューゲイザー」って「ダークな中二系アニメ」のOPっぽさが尋常じゃない。

 

「リトルシューゲイザー」自体は水瀬いのりの曲のなかでもいくつかある「格好良いいのりちゃん枠」の曲なんですが(他はstarry wish , will , 星屑のコントレイル とか)、今までのかっこいい枠とくらべてもかなり落ち着いた雰囲気が強く、よりクールな水瀬いのりになっている一曲ですよね。

 

シューゲイザーとは、ロックミュージックスタイルのひとつで、この言葉が作られた時の意味としては「靴をみつめる人」という意味で、まあ詳しい話はwikipedia見れば書いてあります。

シューゲイザー - Wikipedia

 

 

この言葉が生まれたときは地面に置いた歌詞を見ながら演奏していた姿が靴を見ているように見えたからこのような言葉が生まれたようですが、「リトルシューゲイザー」では、この「靴を見る」という行為を、「立ち止まってうつむいている人」と捕らえ、あるものを失って立ち止まってしまった主人公が、それを自覚し、認めた上で、それでもなお前へ進むことを決意する。という曲になっています。

 

もうこのさわりだけで何か中二系ダークファンタジーアニメのOPに相応しいものとなってますよね。

もう余裕で想像できるじゃん。そのシーン絶対主人公は雨降ってる中傘もささずに濡れて立ち止まっているやつじゃん。

 

曲自体がそういう世界観なので、歌としても比較的低音に集めながら、あまり叫ばずに、ロックなかっこいい曲調を維持しながら「静かさ」を感じさせるようなクールさを前面に押し出していて、また新たな水瀬いのりを演出しているように感じます。

 

 

いやあやはり常に新しい姿を見せてくれるってのは本当にすばらしい。

水瀬いのりの可能性は無限大なんだと感じさせてくれる。

 

 

 

そんでもって「夏夢」ですが、聴いてもらえばわかると思いますがこれはどう考えてもED枠でしょう。

なんかむしろ劇場版のEDっぽくないですか?後ろでエンドロールが流れていてもまったく違和感がない。

なんだろう、すごくドラマを感じる。大人になった主人公があの夏の思い出を振り返りながら、澄み切った青空と、大きな雲が今も変わらない夏を感じさせながらバックで流れて欲しい。それで感傷に浸りたい。

 

 

というかそもそもこの曲、作詞が森本メラ、作曲は松本サトシとなっており、この人たちは1stシングルの「夢のつぼみ」に収録されている「笑顔が似合う日」でも同様にタッグを組んで曲を作り上げているのですが、まあー最高にED曲として僕が理想的に思える曲作りをしてくるんですよね。

「笑顔が似合う日」自体はラジオ「水瀬いのり MELODY FLAG」で実際にEDテーマとして扱われましたが、僕も「笑顔の似合う日」は最高のEDテーマだと思っているし、僕のEDテーマも「笑顔が似合う日」でお願いしたいと思っています。何を言っているんだ?

 

話がそれましたが、「笑顔の似合う日」については「夢のつぼみ」の話をするときに書くとして、それくらい僕のストライクゾーンにド直球で投げ込んできてくれるタッグが作った曲って言ったらそりゃあもうドストライクなわけです。

 

かっこいい水瀬いのりも良いですが、やっぱり僕はこの曲のようなやさしくも美しく聞惚れてしまう水瀬いのりソングが好きですね。

 

 

 

振り返れば 夏夢

 

とかのところの「振り返れ」で上がっていきながらの「ば」での優しさはなんなんですかね?最高すぎませんか?意味がわからない。

さらにサビ終わりの

 

なにも変わらずに彩る面影

 

のところとか。そこまでにぐぐぐっと上がっておきながら、包み込むようなこの抱擁感。

どちらかといえば、二番の

 

誰にもいわずに今も胸の中

 

の方がより好きですが。

 

 

あと、「アイマイモコ」というシングルでありながら、B面の曲が二曲とも振り切った、前を向く曲っていうのがとても良いなあと思っていて、なんだか「アイマイモコ」を後押ししているようで、このシングルの完成度をより高めているのかなーなんて。

 

 

 

 

いやもうほんとみんな水瀬いのりの歌を聴いてくれ。

俺が書いてることなんてちゃんと伝わるかどうかすらわからんけども、水瀬いのりの歌を聴いて何かを思ってくれたらもうそれだけで嬉しいわけですよ。

 

 

もう今後も楽しみで楽しみでしょうがない水瀬いのりソング。

1stライブ絶対行きたいよなあほんとお願いします!!!!!!!!!