かもとつの日記

ゲームとかアニメとかの話

水瀬いのり1stの感想回がやりたかった

ブログというのをこうして書くようになって、昔から好きだったライブなりイベントなりのイベントレポートっていうのをいつかやってみたいと思っていたので、水瀬いのり1stライブに参加できたからにはそういうのを書こう考えていましたが、結論から言うとレポートという体裁を保つのが不可能だったので、いつも通りに適当に書きなぐっておくことにします。

レポートっていうのは報告が目的ですから、受け手がそれを見ていろいろな考えが出来るように客観的な視点で書かなくちゃいけないと思うんですけど、水瀬いのり1stに関してはもう個人的な思い入れが尋常ではないのでそんな目線で見れなかったし、今から思い返してもこじらしていた曲ごとの妄想やらなんやらの影響をモロに反映させながらライブを楽しんでいたのでレポートとか無理です。

 

 

さて、ライブの話ですが、とりあえずセトリを置いておきましょう

 

1. 夢のつぼみ

2. MELODY FLAG

3. Lucky Clover

MC

4. Ready Steady Go!

5. 笑顔が似合う日

衣装チェンジ(白のドレス→赤黒チェックのワンピース)

6. Dreaming Girls

7. コイセヨオトメ

MC

8. アイマイモコ

9. 涙のあとは

衣装チェンジ(青のトップスにショートパンツ)

10. 星屑のコントレイル

11. Will

12. リトルシューゲイザー

MC

13. Starry Wish

衣装チェンジ(トップスはそのままに下を白のドレスに)

14. いつもずっと

15. Winter Wonder Wander

16. 旅の途中

MC

17. Innocent flower

アンコール

衣装チェンジ(ライブTシャツ(白)にショートパンツ)

18. 春空

MC+サプライズ大西

19. Happy Birthday

MC

20. harmony ribbon

 

 

水瀬いのりがこれまで出している楽曲は全24曲なので今回のライブは「夏の約束」「夏夢」「Ring of Smile」「あの日の空へ」以外の全曲をやったということで本当にアーティスト水瀬いのりとしてのワンマンライブでしたね。

 

はっきり言ってこんな冷静にセトリとか書いても、自分がやってたのは「Ready Steady Go!」まででテンションぶちあがってからの「笑顔が似合う日」から「涙のあとは」までの水瀬いのりの可愛さに殺されて「星屑のコントレイル」から4曲に圧倒され、「いつもずっと」、「Winter Wonder Wander」からはもうずっと感極まって泣いていたのに大西沙織に笑わされ、最期また「harmony ribbon」で泣くっていうまあそれだけですよ。書いてまとめると本当にそれだけだったんですけど、それがすべてで本当に楽しくて感動したんですよね。

 

曲ごとにかわいい水瀬いのりやかっこいい水瀬いのりなどにろいろな面を見せてもらったんですけど、もう自分の感情があふれすぎて、振り返ってここ可愛かったとかここ良かったっていうのが本当にあったかどうかもわからない。あれは俺の妄想だったかもわからない。

でも今までこのブログでもTwitterでもなんでも水瀬いのりの楽曲についてあれこれ妄想を展開して勝手に感動したりしていたのですが、今回のライブを受けて俺の繰り広げていた妄想はあながち間違いではなくて、それ以上に考えられてすべてが作られているし、それを水瀬いのりの歌声によって伝えられていて、自分はその一端を見ることが出来たからあれだけ感動させられたんだってことは確信できました。

 

特に後半の「いつもずっと」からの曲のセットは、ライブ前から自分が感じていた"使い方"をされていたし、「harmony ribbon」は最高のエンディングだと思っていたことも間違いじゃなかったってことがわかったので、新しいシングルやアルバムが出るたびにやる妄想コーナーは続けていこうと思いました。

でもまあ結局は水瀬いのりの歌を受けてそれを"感じさせられている"わけで、水瀬いのりってすごいなって話になってしまうんですよね。ほんとそれに尽きるんですけど。

 

 

ライブ後は連番で一緒に行っていたオタクと有楽町の飲み屋を回りながら朝5時までライブの感想をメインに好きな声優やらラジオやらをずっと話をしていたので、もう本当に体がだるいし、疲れが尋常ではないけど、最高に楽しい日になりました。

 

ライブのここが良かったみたいな話は2018/4/4に出るライブBDを見てからちゃんとやりたいなあと思っています。

 

というかもうブログのために細かく何か覚えて感想回やろうなんて考えは水瀬いのりの圧倒的パワーによって涙と共にどこかへ行ってしまっていたので、実際細かいとところは全然思い出せない(というか記憶はあるけど、なんか上手く一致しない)し、恐らく飲み屋で すべてを発散してしまったんだと思います。

最高に楽しかったです。最高のライブをありがとう。これからも1ファンとして応援し続けます。

 

それでは。

水瀬いのり5thシングル「Ready Steady Go!」の話②

さて、引き続いて水瀬いのり5thシングル「Ready Steady Go!」についてあれこれ書いておこうと思います。

 

 

というわけで早速2曲目の「Happy Birthday」についてですが、この曲をこのタイミングでリリースするのって実際相当気合入れないと難しいって思うんですよね。

ついに明日に迫った1stライブを目の前に、さらにこの日12/2は水瀬いのりの誕生日で、それにあわせて誕生日ソングを出してくるってこれもう自分だったらなんて気恥ずかしいっていうかそういう感覚になるけども、歌詞の中にあるようにこの「Happy Birthday」はホントにどストレートに”ありがとう”で思いっきりぶん殴ってきていて、それはきっと水瀬いのり自身も、水瀬いのりをサポートしている人たちも、ファンたちも全員がそれぞれ三者三様にそれぞれの感謝の気持ちに素直になれる最高のタイミングだって思うんですよね。

 

もう本当にこの曲はその"ありがとう"の気持ちその一点を水瀬いのりが代表して伝える(思う)機会を作って、高めてくれる凄く好きな曲だってことです。

 

特に僕が好きなところはBメロの

 

”大事なこの時間を 一緒に過ごせるんだ

ドキドキして待ってるね とびきりの思い出作ろう”

 

ですね!

 

もうこのタイミングでこれを出されてもう限界ですよ。死ぬしかないじゃないですか。死にました。

 

 

ライブでやられたら泣きそうな気すらする。

 

 

それで続いての「Winter Wonder Wander」ですよ!

冬曲でありながら、しっとりした曲調ではなく、その間逆の楽しいポップな感じで始まり、どこか冬の寂しさを感じさせる部分もだしつつも、”春が待ってる”ことを感じさせるといいますか、希望にあふれているんですよね。

 

「春空」っぽいという話も聴きましたが、1コーラス目Aメロの感じとか、2コーラス目Bメロの後の感じとかは僕自身もかなり「春空」感あるなあと思いましたし、最期の〆方から「春空」を流すとなんとなく繋がりを感じる気がします。わりとこじつけ感あるかもわかりませんが。

 

というかこの「Winter Wonder Wander」、曲の楽しさもありながら普通にこの曲が1stライブにあわせてではなく、普通にリリースされた場合はかなりクリスマスソングっぽいなと歌詞から受け取れると思うんですよ。

寂しい寒い冬でも、私を温めてくれる誰かの存在でこんなにも楽しく希望に満ちている

~みたいな印象を強く受ける(と思う)のですが、ここに1stライブの存在が入ってくると完全に誰かのところが入れ替わって、水瀬いのりにかける魔法の意味も、Gracious (Precious) lightの意味も全部ライブそのものに置き換わりますし、そこで水瀬いのり

 

 

”あの悲しい陰で凍えてた日々のなか

拙いままの心 呼ばれて

ここまできたよ

私を溶かす魔法 かけて

 

 

明日になれば すべて消えてしまうとしても

ずっとずっと

目を開ければほら 未来を照らす

私がここにいるよ”

 

 

ってもうライブの場面をもうこれでもかというくらいに最高に描く詩そのものだと思うんですよね。

 

もう無理、死ぬ。

 

 

もうね、ほんとね、ダメですね。

ライブ前からこんなんで期待が高まりすぎてもうおかしくなってますね。

こじつけもほどほどにして早めに寝ましょう。

 

それでは。

水瀬いのり5thシングル「Ready Steady Go!」の話①

本日11/29は水瀬いのり5thシングル「Ready Steady Go!」の発売日ですね。

僕は昨日秋葉原ゲーマーズフラゲして、今日一日ヘビロテしていました。

秋葉原の駅前商店街にはこのシングルの広告がずらっと載っていましたね!1stアルバムの「Innocent flower」の時はでっかくアルバムジャケットが載っていましたし、こういうところを見れるのは広告とはいえなんだがうれしい気分になるものです。

 

さて、1stライブを直前に控えてリリースされたこの5thシングルは、1stライブと同じく「Ready Steady Go!」というタイトルになっており、まさにライブやるぞ!!といった気概に溢れるような「Ready Steady Go!」から、1stライブが水瀬いのりの誕生日である12/2に行われるということでまさにうってつけの「Happy Birthday」、「春空」や「夏夢」、「夏の約束」などの季節に合わせた水瀬いのりシリーズの「Winter Wonder Wander」の3曲が新曲として収録されています。

 

公式でフルのMVやら試聴動画やらがあげられているわけだし、聴かない選択肢はない!聴こう!見よう!

www.youtube.com

 

 

そんなわけで「Ready Steady Go!」をずっと聴いていてあれこれ思ったわけで、鮮度のあるうちにここに書いておこうと思います。

 

 

この曲はラジオやらインタビューやらで散々本人が言っていることではありますが、まさにライブで盛り上がる曲でしょう。

水瀬いのり楽曲にはコール&レスポンスで盛り上げる役目を果たせる曲は少ないので、ライブ当日は一番に盛り上がること間違いないと思います。

こういった盛り上がっていくぞー!と水瀬いのり側から引っ張ってくれるような曲はなかなか新鮮なので、これを初めて聴いた時はもうテンション上がりっぱなしでしたね。

Wow Wow WowやらAll right!やらReady Steady Go!やらのコーラス部分はもうナリノリで叫んでしまうのを抑えきれないですね。

特にこの曲は歌う側も楽しいでしょうから、カラオケなんかでも歌いたくはなりますが、コーラスと合わさった感じが一番気持ち良いわけで、単純に歌うのではなく曲を聴きながら、エアギターならぬエア歌唱で全部脳内で完璧にこなすともう最高に楽しいのでおすすめです。

 

 

ところでこの「Ready Steady Go!」は1stライブという目の前の目標やらに付随して、水瀬いのり(歌詞の一人称)が「きみ」を思いっきり引っ張っていくという歌になってますよね。

この曲、1stアルバムの「Innocent flower」に収録されていた「涙のあとは」と近いものがあります。「涙のあとは」では落ち込んだ"きみ"を慰めて、受け入れて、一緒に歩んで行こうという歌詞になっているのですが、「Ready Steady Go!」では"きみ"のすべてはわからないけど、それを受け入れた上で"きみ"と一緒に進んで行くために勇気づける、引っ張って行くという歌詞になっています。

そのうえ、「Ready Steady Go!」のサビの歌詞に"涙の跡が いつだって 次のスタートライン"とあるので、これに気づけたときはもうとんでもねえなと思ったし、こんな感じで以前の曲すら更に掘り下げて、良くしてくるなんてどれだけ考えられてるんだともう改めてファンになりましたよ。

ほんとアーティスト水瀬いのり、それを構成するすべてが強すぎる。

 

 

 

 

 

 

「Happy Birthday」と「Winter Wonder Wander」についてもここでまとめちゃおうかと思いましたが、最近全然更新してなかったし、その原因は一気にやってるから一気に冷めてるのでは?と思ったので、分けようと思います。たぶん明日やる。たぶん。

 

それでは

どうでもいい話[17/11/12]

やる気が出た(かもしれない)

はかもしれないの方だったっぽいですけど、もう「twitterでいいじゃんレベルでもいいから毎日更新しようぜ」はちゃんとやることにしました。

もう11/13になってるけど、11/12日25時なのでセーフということにしよう。

 

 

とりあえず今日はそのtwitterでいいじゃんレベルをどこらへんにするか決めるための回ということにします。

 

 

とりあえずの話ですが「twitterでいいじゃん」というのは、

・文字数=1ツイート (max 140字)+自分のツイートへリプライで繋げる (*2 ~)

・ブログで題名をつける程の話ではない (内容)

・話題を思いついた勢い (思考の鮮度)

 

大体この3つで満たされそうな気がします。

 

つまり例とすると今回であり、今回みたいな感じでとりあえず更新だけでもしようという心に満ちてるやつの回は大体そうってことになるわけです。

見返すと毎日更新しようと足掻いていた時のやつも概ねこんな感じなので既に身に付いていたわけですね。

つまり呟くかわりにこっちに出力すれば完璧だね!

 

で、時間あるときはちゃんとやる努力をして、話題ごとにある程度話をまとめたいですね。

 

まずは普段頭の中でごちゃごちゃやってるのをちゃんと文章で出力する訓練というかそんな感じで。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

うん。4ツイート分くらいの文字数だしいい感じにクソどうでも良くていい感じじゃないすか?

気合が入ってきた(かもしない)話

自分という人間が一つの物事に対して、たまに頑張って、しばらく放置して、またたまに頑張るっていうのを繰り返し繰り返し生きてきたことは重々承知の上での話ではあるけどもいいじゃないですか日記なんだから好きなこと書かせて下さい。

 

 

2017年もそろそろ終わりを意識し始めるのも早くはないくらいまで来てしまった11月ですが、色んな意味も含めて人生の節目となる可能性が非常に高い2018年を迎えることを意識すると、今までで考えていたことでもより具体的に意識を持って考える時間が増えたような気がします。

 

ただまあやっぱり自分は取らぬ狸の皮算用大好きマンなので、現実の方で色々考えたり、理想の方で色々考えたり、ってしても実際にはほぼ影響することはありません。なので、ただただ考えてる時間があったらやることがあるんじゃないのってわかってはいるんですが、それができたらそもそもこんな無駄な話をしようなんてならないですよね。

 

それでもこんなことを考え続けているのは、自分自身が何も生み出さないとわかっていながらやるこの行動に酔いしてれているんだろうし、実際くっそ気持ち良いからなんですよね。

 

 

と、なんか良くない方向に行ってしまいそうなこの話題は置いておくとして、この"ブログを書く"といった行為を始めて、(書かない日は多けれど)ただただ自分の中だけで消費していたものを文字に起こして残すという行動を実際に起こせたということは、非常に大きな一歩になったかなと思っています。

 

何かしたいと思うだけなら星の数ほどやってきて、実際に行ったのは数えるほど、責任なしで続いたものは…(あるのか?)というところなので、このブログはやっぱり活用して生きたい。

 

 

 

というか更新自体はまたしばらくしてなかったけど、これはブログで書きたいとか、今日書きたいなーとかって思うことは本当に多いんですよ。

 

今までの自分だったら、一度離れたらもう次の波が来るまではそのことなんて綺麗さっぱり忘れてしまっているわけですけど、ブログに関しては疲れてるだの時間がないだの言って実際にはやっていないにも関わらず、綺麗さっぱり忘れているわけではないってところで自分自身でも意識の差を感じます。

 

そんで今回みたいになんか急にノってきて書いちゃったりしてるわけだから、きっとこれは今までの投げ捨ててしまった数々のアレコレとは違うんじゃないかってやっぱり思ってきたってことで今回の「気合が入ってきた(かもしれない)」って話になるわけです。

 

 

やっぱり頭んなかでぐるぐる考えるのも楽しいけど、こうやって外に出していくのも楽しいね。うん。

だから更新してなかった日の「今日は疲れてるから〜」とか「明日も早いから〜」とかそういうのを少しでも変えていって更新できる日に変えていこうっていうやつです。

 

いやほんとなんだって、10月なんてマジでミリオンライブとアズールレーンだけで生活してたけど、しっかりと記録しておきたいこともたくさん出来たんだって頑張ろうぜ俺!

 

 

 

 

 

今回は非常に日記らしい日記なんじゃないかこの中身のなさっぷり。出来うるならこういう回なしでたくさん更新出来るのが理想だね。今後に期待!

 

 

アイドルマスターミリオンライブ!の話

10月頭からミリシタを初めてからというもの、すっかりミリマス一色となってしまったかもとつです。

 

アイドルマスターといえばの765の方はまったくやってなかったけれども、デレマスの方にもどっぷりの前例があるので、ミリオンのほうにもどっぷりになってしまうのはまあ完全に必然だと思う。うん。仕方ないんです。

 

というかミリシタね、すごいよミリシタ。何が凄いってキャラクターが常に3Dモデルで動き回っているので、まーかわいい。モーションの使い回しはあれど、アイドル毎に動きが変わってくるようにすら見えてくるのはやはりキャラクターが立っている証拠なんでしょうね。しかも全体曲は設定したユニットごとにしっかりと歌声の方も変わるというのはこれ革新的じゃないですか?自分だけの最強アイドルユニットを作ろう!が心から楽しめるじゃないですか。

あとこれは765のゲームのほうをやってなかったからかなり新鮮なんですけど、アイドルからメールが来て、返信してっていうやつ、最高じゃないですかね。凄い楽しい。

ギャルゲーというとまた違いますけど、ギャルゲーみたいなものをやるのもかなり久々なので、バッドコミュニケーションでも楽しい。

 

f:id:kamototsu:20171016231609p:plain

白石紬ちゃんに惚れて初めたミリシタ。ミリマスのことは全然しらなかったので、白石紬がミリシタからの新キャラというのも知らなかった。

 

あと5日前からグリマスの方も始めまして、グリマスではプロデューサーレベル100まではスパークドリンク(デレマスでいうスタドリ)が使い放題とのことで、イベントも無事完走したところです。

f:id:kamototsu:20171017000008p:plain

f:id:kamototsu:20171017000015p:plain

 

 

とまあ何するにしてもミリマス優先となっていたところで、デレマスの方が飽きっぽい自分でも長く続いている数少ないコンテンツのひとつなので、ミリマスもこれは”それ”だなと思いましたので、色々覚えてったり、自分の中でトレンドが生まれたりしたら書いていくことにしました。

 

 

とりあえず僕をミリシタをきっかけにミリマスに連れてきてくれた白石紬ちゃんの話をしようかと思いましたが、それはまた今度やるとして、なんとなく全体的なふわっとした話をしようかなと思います。

 

 

  • 「今更」がどうしても大きい

アイドルマスターといえば、今年で13年目に突入してなお、ものすごい勢いで新しいものが生まれ続けている他に類を見ないタイプのコンテンツなので、当然長く作品を応援し続けているファンもいるし、日々新しいプロデューサーが生まれているんだろうと思いますが、同時に「今更入っていけない」ってなることが多い作品でもあると思うんですよね。こういった作品では、アニメが始まったり、新しくゲームが出たり、新しいプロジェクトが始まったりしたタイミングを逃すと、どうしても新規には入りづらくなるじゃないですか。その点今では「SideM」のアニメが始まったり、2015年には「シンデレラガールズ」のアニメをやったり、「デレステ」が始まったりして、かなりPが増えたんだろうと思います。自分もそのタイミングでデレマスに入っていけましたからね。

「ミリオンライブ!」はまだアニメ化されていないし、「ミリシタ」が始まりはしましたが、正直な話デレステに話題を持っていかれることが多く、また「ミリオンライブ!」自体が765の話なので、765をよく知らないデレマスからのPとかはなかなか入っていき辛いところがあるんじゃないかなあと思っています。

これは僕もそうだったからですけど、765をよくしらず、さらにそこにミリマスメンバーを加えるとなると、ただ何も知らない作品に入っていくよりもハードルが高くなるんでうすよね。

昨今では「手軽」に楽しめるコンテンツや、「話題になりやすい」作品が一気にバズったりする傾向が強いので、長い歴史をもつアイドルマスターでは、(更に765のものであれば、より)手軽さというのは失われてしまうので、どうしても避けられがちなんですよね。

それでも年々新しいことが始まり続けているのは、本当にファンに愛されているのと、以上のことがあってもなお、新規のファンが生まれ続ける魅力があるからなのは間違いありません。

 

とまあなんだか無駄に書き連ねましたが、要は僕もミリマスのほうにはハードルがあってなかなか始めることをしなかったけど、やってみたらやっぱり最高だよ間違いないよってことを言いたいだけなんですけどね。

なんならいい機会だし、765のゲームの方もやろうと思ってますよ。

とりあえず一番新しいプラチナスターズは近い内に買おうと思ってますし、12月発売のステラステージも限定版予約しちゃおうかなくらいですよ。

むしろ自分のように、待つことが苦手な消費オタクには、アイドルマスターのように、絶えずコンテンツが供給されていたり、その歴史を遡ることができるような作品の方が、一気にあれこれ出来て、「待ってる間に忘れる」ことが起こらないので、相性が良いまであるんですよね。むしろハマる土台があるなら「今更」などと言ってる暇があったらさっさと沼に浸かってから考えろってことなんですね。

これを「面白さが更新されるなら常に今が最高だし今から始めるのが最高でしょ理論」と言います。今考えました。(今が最高とかいってたらちょっと泣きたくなってきた)

 

 

 

っていうかここ二週間ほど、過去のライブだラジオだなんだをひたすら掘り下げていたんですけど、ミリマスの面白いところのひとつである、「先輩・後輩」っていうのは、他ではぜったいに楽しめないところですよね。アニメやらゲームやらで業界の先輩後輩があるのは当たり前の事ですけど、単純な「仕事として」の先輩後輩だけではなく、アイドルマスターというコンテンツにおけるすべての先輩・後輩なんですよね。

ミリマスメンバーと765メンバーがライブやらイベントで絡むたびに、先輩と絡んでどうのこうのっていう話を聴くと、全然詳しいことは知らない自分でもそのリスペクトを感じるというか、考えずともわかるし、本当に「仲間」なんだろうと感じるので、そういうところもものすごく好きです。

 

 

 

とまあいろいろと書きたいことはたくさんあるのですが、それはまた諸々を書く時に書いていければ良いかなーって。

っていうかアイマスの話はしたけどミリオンの話の成分は少ない気がする。まあいいか。

近い内に白石紬ちゃんとか気になる子のことについて書きたいと思います。

それでは。

どうでもいい話②

ぼけーっとしている合間にいつの間にか1ヶ月近く更新せず、9月の毎日更新を目標にします!が12日目にして達成されず、それでも残りの9月は出来るだけ更新したいとか言っておきながらこの仕打ち。

まあ飽きたといえばそういう状況だったのかもわかりませんが、やっぱりブログで残していくのは重要だなあと思ったのでやっぱりちまちま書いていきたいなと。

 

 

というのも、7月末にブログ初めて2ヶ月弱はそこそこ書いてきて、1ヶ月弱何も書かずにTwitterで発散していたわけですが、そこであることに気づいたわけです。

 

 

ブログを更新していなかった9月後半の記憶がほぼない

 

 

むしろ8月とか何してたか良く覚えている。9月の毎日更新をギリギリながらもちょくちょくやってたときのことは、別に記事を読み返さなくても結構覚えているんですよね。

でも9月後半は全然思い出せない。ほんとの9月末のシャドバとデレステのことしか思い出せない。

 

 

これはまあ当たり前のことといえば当たり前のことなんですけど、やっぱり記憶とかそのとき考えてることを文字とかで出力しておくとかなり覚えていられる。そもそもブログを書くことにした理由が趣味をもっと楽しむだとか、楽しかった時の事を忘れないように、思い出せるようにしようっていうのなんで、そこのところは達成しつつあったわけですね。でも文字に起こしていないだけで、本当に何もしていなかったわけじゃないはずなんですよ。

 

だからつまりすっかり思い出せなくなってしまった9月後半も、何かしらはやって楽しんでいたわけで、そのときの楽しんだ気持ちはこの世から完全に失われたわけです。

 

はーもったいない。せっかくそれを受け止めるもんを作ったのに、もったいないですね。

 

とりあえず自分のtwitterの発言を遡ってみると、

fgoで嫁王を引いてネロが揃って、嫁王の腰とか足のラインえっろいな~ってなる

グラブルカードキャプターさくらコラボ

netfrixでカードキャプターさくらを見返す

シャドバ新パック

少女週末旅行の原作漫画を買う

けもフレ騒動

アズールレーンが流行りだす

デレステでハロウィン限定島村卯月

 

とまあ色々起きてるじゃないですか。

けもフレ騒動とかだいぶ荒れたのに正直すっかりわすれてました。もう数ヶ月前くらいの話題の気分だった。

 

とまあ色々おきて何で忘れてたかって今、「アイドルマスター ミリオンライブ!」にドはまりしてるからなんですよね。

 

アイマス(765)自体は、ゲームはやったことないし、アニメも真剣に見ていたわけではない、曲はよく使われるものは知ってるし、キャラクターはみんなわかる、担当声優もわかる、けど別に特にハマっていなかったという状態で、デレマス(モバマス)はアニメ開始ちょい前だったかそのあたりに知って、1期で島村卯月担当になり、まんまと沼に沈んでいく。ミリマス(グリマス)は存在を知ってはいたものの、特になにも知らないまま今に至る。

 

という状況で、ちょっと前にリリースされたミリマス版音ゲーのミリシタが始まってからちょくちょくtwitterで見かけていた白石紬ちゃんがどうも好みなんじゃないかと思い、10月頭にミリシタを始めてからというものの、まあずっとやってるっていう話。

 

ミリオンのアイドルたちもまあ濃いやつらばかりなので、色々とキャラクターの見た目と声の一致から、キャラクターの個性、キャラ同士の関係性など、新しい情報がドバドバ入ってくるもんで、それ以前のことなんかどこかへすっとんでいったのも訳ないということなんです。うん。

 

だからこそここら辺の新しいことをちゃんと残そうということで、久しぶりに更新に踏み切れたとも言えますね。

そんでもって振り返ってみたら色々忘れてるからやっぱりブログ書いたほうがいいぞ!ってのがわかったよってのが今回の話。

 

 

ということでしばらくはミリマスのほうの話をすると思う。たぶん。わからんけど。